星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

3月30日、朝から雪です。これで今年の冬も終わりだと思います。2~3日前にはアラレがふりました。この冬の最後のダメ押しだと思います。真夜中にはマイナス5度以下に下がりました。水道も凍結しています。あたってほしくない予感が当たりました。いよいよ桜のシーズンです。もうすぐ、新緑の季節です。

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

今日は真冬が戻ったような一日でした。マイナスの世界に雪が降りました。油断しなくてよかったです。昨日の朝に久ぶりに山荘のオーナ様が来られ、水道を使えるようにさせていただこうかなと思いましたが、ご理解あるオーナ様のおかげで通水しなくて良かったです。帰られたあとからすぐに冷え始めました。あと少しで・・・春が来ます。は~るよこい、は~やくこい・・♪

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

3月に入り暖かい日と寒い日が交互に訪れています。昨日、うぐいすの鳴き声を今年初めて聞きました。日も長くなりまして、春は手の届くところまできているようです。でも、ここで油断しますと、また水道管の破裂に見舞われるかもしれませんのでもう少し辛抱します。早く通水して、山荘が利用できるようになり、オーナーの皆様に会えることを心待ちしております。

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

立春以降、寒い日が続いております。今年は例年になく雪が多いのでスキー客も増えています。先週には急に雪が降り始めたりしまして、車のスリップ事故が続出しました。30分ぐらいの時間でアッという間に路面がまっ白になりノーマルタイヤでの走行は無理になります。坂道での停止は、車自体が滑りやすく前方や後方の車に追突する危険性があります。

日曜の朝粉雪混じりのなか、逆瀬川から六甲に上がり始めましたら路面が急に白くなったところで3~4台の車が停止していました。タイヤを見るとノーマルでした。これでは絶対無理です。先頭の1台が横を向いたまま止まっていました。当然、道路を塞ぐ形です。

ところが、何を思ったのか下から右車線を通って行く車がありました。横を向いた車の前で当然止まらなければなりません。下からこの状況が見えるのにどうしてこういう行動をとるのか不思議でした。すると、横を向いた車が滑り始めたので下から来た車は左側にも車が止まっていますし、避けることができません。運転している方があわてて外に飛び出て、滑り始めた車を手で押し戻そうとしました。でも、反対に車に飛ばされ転倒してしまい、また車は追突しました。こんな状況なのに、また右側車線を走っていく車がありました。何をか云わんやです。

Uターンして、有馬を抜けトンネルを通って表六甲から上がりました。丁字が辻の手前のカーブのところも同じような状況でした。冬の六甲山は油断すると危ないです。冬の六甲山に来られるときは、くれぐれもご注意ください。

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

夕方から冷え込んできました。今日は節分です。家で、「福はうち、鬼はそと・・・」と子供と豆まきをして、歳の数だけ豆を食べ、巻き寿司を食べました。これって、平均的日本人のすることかな?
明日はいよいよ立春です。でも、今年一番の寒さになるらしいです。

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

今年も早いものであっという間に一ヶ月経ちました。この2~3日暖かくて、今日は1日中雨でした。残雪もほとんど溶けてしまいました。また、この週末は寒くなるらしいです。お昼頃、有馬温泉で大きいなオス猿に出くわしました。寒波のため、餌がなく山から人里に下りてきたのかなと思いました。本当に立派な貫禄のあるお猿さんでした。
六甲から有馬にかけての山々の緑は最高にすばらしいです。大都会の近くにこれだけの緑があるのが不思議なくらいです。初めて六甲に来た東京の人はびっくりされます。いままでの寒さに較べて今日は暖かかったので、気のせいか『春遠からず・・・・』となんとなく思いました。

六甲の凛とした冬の寒さや、薄ピンク色に輝く樹氷は大好きです。でも、春も待ちどうしです。
     春の山のうしろから烟(ケムリ)が出だした    (尾崎放哉)