星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

投稿日時: 2011-6-10 10:30:42 (520 ヒット)
昨日、淡路の人から採り立てのタマネギを頂戴しましたので、早速、夕食にオニオンスライスにして頂きました。おいしかったです。

例年ならちょうど今頃から梅雨が始まるのですが、今年は早く沖縄では梅雨明けとのことです。六月六日、芒種でいよいよ田植え時期にさしかかり、農家では多忙な日々を迎えます。また、タマネギの取り入れ時でもあります。四月から五月にかけて種をまけば秋頃には収穫を迎える、当たり前といえば当たり前のことですが、自然の力を感じます。

それにしても、淡路島のタマネギは最高ですね!

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

投稿日時: 2011-5-7 10:32:12 (614 ヒット)
我が事務所の前の山荘ではコブシに続いて、只今山桜が満開です。例年より少し遅れていますが、今年は白い花がきれいです。

これからはだんだんと、夏らしくなってきます。家庭菜園をしている人は楽しみな季節がやってきます。採り立てのエンドウ豆の味は忘れられないもののひとつです。

また、ブヨの季節の到来でもありす。今日の午後、山荘のエントツ掃除をしていますと早々とブヨの攻撃を受けました。カラッとした晴天の日の気持ち良さは格別です。

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

投稿日時: 2011-4-15 10:10:00 (581 ヒット)
四月に入り、タイヤも交換し山荘の開栓も済ませましたが、先日急に冷えたのには慌てました。心配になって止水栓だけでもと思い、閉めに廻りました。震災後、何が起こっても不思議はないという気になってきました。

六甲山にも東北にボランティアにいっておられる方がいます。本当に、頭が下がります。

今年はやけにコブシの花がきれいに見えます。気になって山を眺めていますと、あちこちにコブシがあり、六甲にはこんなにあったんだと思い直しました。

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

投稿日時: 2011-3-20 11:40:00 (664 ヒット)
この度の東北地方を襲った巨大地震がもたらした被害の大きさには、唖然とします。被害に遭われた人々に、かけるべき言葉も見つかりません。どんな言葉で表現していいのかもわかりません。阪神大震災を経験しましたが、それよりも大きい震災が来るなんて想像もできませんでした。

原発の問題が心配で、ある人が易で占ってみました。その結果、『雷地豫』とでました。坤(地)下震(雷)上です。地の上が動く。この卦がでれば、君(良い指導者)を立てて軍隊(自衛隊、消防隊)を動かすによろしいということです。(本田済著、易〈上〉、朝日新聞社刊)。私は君を「良い指導者」と、軍隊を「自衛隊、消防隊」と解釈しました。ですから、原発問題も良い方向に収束すると思います。また豫は予であらかじめということで、あたらしい出発のときということです。だから、私は必ず東北地方(日本)は復興し、世界各国の手本になることと確信します。まずは、

少しでも被災地の役にたてることをしたいと思います。何人かの職人さんも被災地に飛んでいって復興のお役にたちたいと言ってました。その中の一人は実際来月から被災地に入る予定で、準備しているところらしいです。

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

投稿日時: 2011-3-9 9:40:00 (731 ヒット)
六甲には海の碧と山の緑があります。山の緑には秘密があるようです。

太陽光は赤や紫が少なく、緑が一番多いので植物の葉も緑色になっているようです。葉一枚一枚がすべて同じものがなくて精巧な光合成の工場であり、見事な小宇宙を形成しています。また、ハイキングコースを離れて森林に中に入るとなにか荘厳な感じがしてきます。

昨年、調査のため長い間人の入っていない森林に入りましたが、樹木、巨岩、静かな水の流れに圧倒されたことを思いだします。そこに生命の息吹きや、なにか霊的なものの存在を感じました。

星を無効星を無効星を無効星を無効星を無効

投稿日時: 2011-2-11 9:20:00 (594 ヒット)
『冬きたりなば春遠からじ』といいますが、今日もしっかりと朝から雪でした。ガーデンテラスの『氷の祭典』が雪の祭典になり、結構な人で賑わっていました。

前日までの一週間は暖かかったですが、一月の寒波の影響で水道管の破裂が心配だったので管理している山荘の通水テストをしました。どこか忘れている水抜きの場所がないか不安だったのですが、無事だったのでホットしているところです。なにか今年の氷は例年より硬い気がしますが、気のせいでしょうか?また、この二、三日寒波で覆われるようで、なにも起こらないことを願っています。
天と地の間に山や河があり、山には風、雪、雨、雷、雲の様子があります。しかし、人はなぜか山に魅せられます。